金屋町楽市 in さまのこ(茶席)

 金屋町楽市では茶席会場が4席設けられました~005.gif
・釜師畠春斎邸での金屋婦人部のお席(裏千家流で中置の設えでした)
・ポケットパークでの行われた立礼席(隈さんの什器を使って薮内流の立礼でした)
・KUMA Cafe(隈研吾氏監修で富山大学芸術文化学部学生が担当でした)
・そして我家で行われた裹野席(かやせき:担当シンプリシティ緒方慎一郎氏)
とバラエティー豊かなお茶会になりました043.gif
b0137346_1238111.jpg
 「裹」という字には包み込むという意味があり、室内の空間を蚊帳で制限して小さい茶席空間をつくり、吹抜けの部屋を使用して空間としての立体感を強調し、一般来場者の方からも見れる演出として工夫されておりました027.gif
b0137346_1243188.jpg
 この蚊帳今回のために黒く染めなおしてあり、中にいると意外と外(来場者の目)の事は気になりませんでしたよん023.gif


                                 ・・・まだつづく・・・
[PR]
by konoboru | 2009-10-25 23:27 | 御茶
<< 金屋町楽市 in さまのこ(お道具) 金屋町楽市 in さまのこ(初日) >>